「ほっ」と。キャンペーン

魔女の宅急便

f0136355_15323539.jpg

もう大分昔の映画なのに、ジブリ作品って全然色褪せないですね。

三鷹に住んでた頃にジブリの森に行かなかった事を超後悔してます。。

“魔女の宅急便”は元気が無くなってきたら見ます(^_^;)
パソコンに入れておいているので気が向いたらすぐ見れるようにしてあります☆
そういう映画は幾つかあるんだけど、これはホントに小さい頃から見てて大好きな映画。

でも小さい頃に見てた感想とは全然違う。
今改めて見るとすっごく切なかったり苦しかったり、その分ラストが清々しく感じられたり…
自分が通ってきた道だからなのかな??
昔はただ空を飛ぶ事とか、猫が喋る事とかばっかりに注目してたような気がするんだけど。

勿論そういうところはリアルじゃないけど、誰でも共感できるストーリーだし、結構現実的な流れな気がする。

ラストでちゃんとキキはまた飛べるようになるけどジジは喋らないままだし…

そうやって何かを失っても、またそれ以上に何かを手に入れてる。

そうやって成長していくのかなぁ。。
[PR]

by p_ryo_wedge | 2007-09-28 15:32 | 日常  

<< オホデベナード トムヤムクン♪ >>