それでもボクはやってない

f0136355_17182619.jpg


旦那と一緒に見ました。
どうやら旦那はこういう裁判モノ、推理モノが好きみたい。

私はあんまり興味なかったんだけど、
見始めたらすっごくリアルで見入ってしまった。
まぁ途中少し寝ちゃってたけど(・・;

東京にいても一度も電車の中で痴漢にあったことはないけど、
実際この主人公みたいに、冤罪になっちゃう人って結構いるんじゃないかなぁ、、
と思うくらいリアルでしたね。

主役の方の地味さが更にリアルだった(・_・)ここまでやってない!って主張してたら
やってないって思いそうな気がするんだけど。。

お金もかけて、時間もかけてもやってないって事を照明できない。
それでもやってないものをやってないといい続けられる主人公には正義を感じました。

最初に5万円で手を打てるならそうしてしまう人間の方が多いように思うし。

裁判は真実を見つける場所じゃない。(だっけ・・??)
という台詞にいろいろと感じるものがありましたね。

誰も真実なんてわからないのかも。
特にこういった事件に関しては。
[PR]

by p_ryo_wedge | 2007-10-26 17:28 | 映画  

<< 恋愛偏差値 今日の一冊“反自殺クラブ” >>